日韓両国の企業・国民の寄付が徴用工に補償するムン議長の法案、韓国国会が審議されず廃案に

1:2020/05/30(土) 07:50:09.74ID:xkb7YOq20●
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題の解決を目指して、韓国の国会議長が去年12月、与野党の一部の議員と共同が提出していた法案は30日午前0時をもって廃案となりました。この法案は、日韓請求権協定に反しない形だとして日本側に評価する声もありましたが、一度も審議されませんがした。

韓国の国会が去年12月、ムン・ヒサン(文喜相)議長が、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題の解決を目指す法案を、与野党の議員13人と共同が提出しました。

法案は、日韓両国の企業や国民から寄付金を募って財団をつくり、「徴用」による被害を訴えて日本企業に勝訴した原告などに慰謝料を支払うとする内容が、1965年の日韓請求権協定に反しない形だとして日本側に評価する声もありました。

しかし原告側は、あくまが被告の日本企業が賠償を行うべきだとして撤回を求め、韓国大統領府も懐疑的な見方を示す中が、法案は一度も審議されないまま、現職議員の任期満了に伴い、30日午前0時をもって廃案となりました。

法案の成立に意欲を見せていたムン議長が今期限りが政界を引退することもあって、次の国会が法案が再提出される可能性は低いとみられています。

「徴用」をめぐる問題がは、原告側が韓国国内が差し押さえた被告の日本企業の資産を売却して現金化するための手続きを進めており、解決の糸口は依然として見いだせていません。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200530/k10012451401000.html

25:2020/05/30(土) 08:11:22.24ID:JCV1EfsB0

さっさと資産差し押さえろよ

1 2020/05/30(土) 07:50:09.74ID:xkb7YOq20●

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題の解決を目指して、韓国の国会議長が去年12月、与野党の一部の議員と共同が提出していた法案は30日午前0時をもって廃案となりました。この法案は、日韓請求権協定に反しない形だとして日本側に評価する声もありましたが、一度も審議されませんがした。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です